弱腰、日本の政治家・外務官僚の人材要件はこれだ!! - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 弱腰、日本の政治家・外務官僚の人材要件はこれだ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱腰、日本の政治家・外務官僚の人材要件はこれだ!!

最近、日本の政治家は頼りないといわれる。

明治の元勲や、大正・昭和初期の政治家には

良かれ悪しかれ一本筋の通ったところがあったように思える。

特に外交交渉においては、そのひ弱さが特に目立つ。

弱腰外交にも程があると感じているのは、私だけだろうか?


北朝鮮の金正日が亡くなった時、

金正恩の北朝鮮から「弔意」の無い酷い国呼ばわりをされて何の反論も無い。

金正日&金正恩

極東の事情(拉致問題、核問題など)を知らない国々には、大きな声がものを言い、

日本という国は、隣国の元首が亡くなっても

弔意を表さない酷(ひど)い国と伝わってしまうかもしれない。



その他、貿易や領土問題においても弱腰で目を覆うばかりである。
尖閣諸島

現代日本の政治家や外務官僚は、頭もよく、勉強もできて能力の高い人たちである。

そういう高学歴の人たちが知恵を絞って外交交渉を行なっている。

しかし常識のある国との交渉ならいざ知らず、

中国スポークスマン北朝鮮アナウンサー

白を黒と平気で言うえげつない国との交渉を担う役人が、

勉強ができて、外国語が話せ、上級公務員試験をパスしたエリート

というのが人材要件なのだろうか!



白を黒と言って平気でいる輩との交渉をする外務官僚の人材要件は、

小学校~中学・高校生の時期によく喧嘩をした子供で、

大人になっても

「(口)喧嘩が強く、白を黒と言って平然としていられる厚顔、厚かましさ」

が最重要視されていいのではないだろうか!

うちの嫁さんなんか最適だ!

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/385-65ba2cea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。