平清盛、一族を大事にして頂点を極めた 平家にあらずんば人にあらず - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 平清盛、一族を大事にして頂点を極めた 平家にあらずんば人にあらず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平清盛、一族を大事にして頂点を極めた 平家にあらずんば人にあらず

大河ドラマ平清盛
2012年のNHK大河ドラマは、平安時代末期に権勢の頂点を極めた平清盛が主人公だ。

清盛
※平清盛像

若手俳優の松山ケンイチさんが清盛役を演じている。
松山ケンイチ


平家といえば、桓武天皇を祖とし葛原(かずらわら)親王の子息が平氏を名乗ったところから始まる。

葛原親王→平高望平国香→平貞盛→平維衡→平正度→平正衡→平正盛→平忠盛と続き、

この平忠盛の嫡男が、桓武天皇から10代目にあたる平清盛である。




天皇家の血を引くとはいえ10代後の平家は武士として高級貴族を守る役目で、

身分としては低く、政権への参加などまったく考えられない一族であった。

清和天皇から出た源氏も同様の身分であった。



そのような時代、清盛は平氏の棟梁となり、保元の乱後白河天皇の信頼を得、

平治の乱でライバル源義朝を破り勝利者となった。
保元平治の乱合戦屏風図
※保元・平治の乱合戦屏風図

その後とんとん拍子に出世の階段を登り、武士で最初の太政大臣に任ぜられた。

娘の徳子高倉天皇に入内させ平氏政権は全盛期を迎える。

「平氏にあらずんば人にあらず」(『平家物語』)と言われる時代である。
平家物語
平家物語 琵琶法師


その後の平家は、源氏の棟梁、源頼朝に破れ滅亡する。

「奢る平家は久しからず」といわれている。

大河ドラマでは、清盛と義朝のライバル関係をどう描いていくのだろうか?

清盛は残虐非道で、清盛の一族は、あとを継いだ平宗盛をはじめ奢り高ぶるイメージが浸透しているようだ。

源氏は源義経のような英雄、鎌倉幕府を開いた頼朝の英傑ぶりがクローズアップされ、

どちらかというと善の源氏、悪の平家というイメージが強いようだ。



しかし源氏は頼朝が、義経をはじめ一族の粛清をおこなっており、冷酷なところが多々見られる。

しかし清盛は生涯、誰一人身内を粛清することなく、

しかも幼い義経を抹殺せずに鞍馬寺に預けさせるなど、情け深いところがあったようだ。

その情けが平家一族の致命傷になったことは歴史の事実である。



頼朝を継いだ2代将軍:頼家も3代将軍:実朝も源氏の一族の血で血を洗うことになっている。

奢り高ぶって滅亡したとはいえ、身内を粛清せず頂点を極めたことは、

最終的な勝利者、源氏よりも評価に値するのではないだろうか?

※参考までに
1972年の大河ドラマでも「新・平家物語」が仲代達矢氏が清盛役を演じた
新平家物語
新・平家物語(一) (吉川英治歴史時代文庫)新・平家物語(一) (吉川英治歴史時代文庫)
(1989/03/24)
吉川 英治

商品詳細を見る


(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/387-4a5f08fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。