MEDIAS N-04C テザリング機能が追加された! 後だしジャンケンか! - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » MEDIAS N-04C テザリング機能が追加された! 後だしジャンケンか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MEDIAS N-04C テザリング機能が追加された! 後だしジャンケンか!

昨年、意を決してスマートフォンを購入したのが3月中旬だった。

薄さとワンセグおさいふケータイなどの機能が揃っており、

防水機能があれば尚良いと思いつつも、

NEC製のメディアス(MEDIAS )N-04Cを購入した。

MEDIAS N-04CN-06C
※見た目、全く変らない!

わずか3ヵ月後同じNECからメディアス(MEDIAS )N-06Cという新機種が登場した。

N-04CのOSアンドロイド(Andoroid)2.2だったのが

N-06Cではバージョンが2.3にアップして登場。

しかも欲しかった防水機能までしっかり装備している。



当時、スマートフォン以外に同じDocomoのFOMAデータ通信を契約していた。

L-05AというUSB接続型・FOMAデータ通信端末を使ってパソコンを屋外でも使っていた。

データ通信端末L-05A

契約形態は、基本契約が定額データプランS バリューの

定額スタンダード割で953円の基本使用料。

あと、パケット定額料がかかるが、利用したパケット量に応じてパケット代が発生する従量制で、

953円のパケット料金が含まれている。

953円分以上使うと従量制でメーターが上がり、

上限が5985円に設定されているプランである。

その他、専用の接続プロバイダーに接続するためにmopera-Uという契約も必要だ。

これが約500円ほど。

従って全く使わないと、1ヶ月1500円程度。

パソコンでちょっとインターネットに接続して画像や動画を見ると、

すぐ上限に達し7500円ほどになる。

携帯(スマートフォン)とデータ通信端末の両方を契約し続けるのも如何なものかと考えていた。



私の契約しているDocomoの料金体系は、タイプSSバリューファミ割MAX50

パケホーダイ・フラットである。

パケホーダイフラット料金

バリューSSは基本料金が一番安価であるが、1分間の通話料金は若干高め、

こちらからかけないとメーターは上がらない。

ケータイ電話の国内通話料はかけたほうが負担することになっているからだ。



ファミ割MAXは、基本料金が半額になり、

私の主回線に登録してある3親等内での通話は全部無料になる。

家族割引3親等
※主回線者の曾祖父母と
主回線者の配偶者の兄弟の子(甥・姪)・主回線者のひ孫の配偶者の間でも
無料通話、無料メールができる。

パケホーダイ・フラットはスマートフォンでの

パケット料金の上限が5460円でつなぎ放題である。

だいたい月間の料金は7000円前後である。

これにL-05Aの契約、定額データプラン スタンダード割の契約が加わる。

このプランはは使わなければ安価であるが、

ちょっと使っただけで天井までメーターが上がり上限額5985円になり、

プロバイダー費用を含めるとあっという間に7000円、

スマートフォンとデータ通信端末の利用で月間14000円くらいになる。



その矢先、メディアス(MEDIAS )N-06Cが発売された。

テザリング機能を装備しての登場だ。

テザリング機能とは、簡単に言うと、

スマートフォンの3G回線を利用して、

スマートフォン本体をWi-Fiの親機として、

外部ネットワーク機器に繋ぐものである。

家庭で無線LANの親機から無線で子機と通信するのと同じ感覚で、

スマートフォンを親機として、無線LANの子機を通じて

ノートパソコンをネットワークに繋ぐことができる。


スマートフォンを親機にしてパソコンなどの外部機器を

インターネットなどに繋ぐ場合、

新たな契約をしなくてもテザリングで生じたパケット料金は、

パケホーダイフラットを契約していると、

上限が5460円から8190円に自動的に変るというものだ。

もちろん料金計算期間においてテザリングを使わなければ上限5460円のままである。

テザリングで最大パケットを使っても8190円-5460円=2730円で済む。

データ通信端末を契約して支払っていた7000円から約4300円の節約になる。



気になる接続速度であるが、L-05Aは日本国内のFOMAハイスピードエリア内で、

受信速度最大7.2Mbps、送信速度最大5.7Mbpsに対応しているとなっており、

実際に使っていて思うのは、速くはないがメールチェックには支障なく、

動画などは不満であった。

スマートフォンのテザリングの接続速度が公表されており、

MEDIAS N-06Cは下り14Mbps、上り5.7Mbpsなので、

幾分速いかと期待したが、L-05Aと殆ど変らないというのが印象だ。



新しいサービス、クロッシィ(Xi)では屋外で

下り最大37.5Mbps(一部屋内では最大75Mbps)の速度を提供している。

FOMAハイスピード(14Mbps)の約2.7倍の通信速度となり、

ADSL並の速度になっている。

有線ブロードバンド通信との速度差がほぼ無くなる感覚だ。



2011年秋のOSバージョンアップにより、

N-04Cもテザリングが可能になった。

OSのバージョンアップだけでテザリングが使えるようになったということは、

物理的には機能を装備していたということだ。

もしかして何か防水の為の部品をつけるだけでN-06Cと同じになるのではないかと疑う。

後だしジャンケンのようで汚いぞ!と怒りたくなる。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

テザリング♪

Android2.3からテザリング可能って聞きました。
AndroidがバージョンUPしたからなのでdocomoは無関係ってか何もしてないのでは

2012-03-11 20:50 │ from 真ん中の真ん中URL

Re: テザリング♪

> Android2.3からテザリング可能って聞きました。
> AndroidがバージョンUPしたからなのでdocomoは無関係ってか何もしてないのでは


コメント、ありがとうございます。
MEDIASに関しては、ハード的には
発売時点からテザリング可能だったということでしょう!
バージョンアップによって自動的にテザリング機能が
有効になっただけだと思います。
もっと大々的に、言ってほしいと思いました。

2012-03-12 11:21 │ from やる気倶楽部URL

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/389-4d2df0c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。