週刊やる気ニュース(第1回) - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » 週刊やる気ニュース » 週刊やる気ニュース(第1回)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊やる気ニュース(第1回)

さて、今週から土日は『週刊やる気ニュース』と題して、やる気やモチベーションといったキーワードを中心にちょっと気になるニュースを紹介します(…唐突な感は否めませんが)。

それではさっそくスタート!
有名選手のトレーナーが教える『一流の人がやる気を高める10の方法』 (マイコミジャーナル)
一流の人がやる気を高める10の方法 (ソフトバンク新書)一流の人がやる気を高める10の方法 (ソフトバンク新書)
(2010/08/19)
中野 ジェームズ 修一

商品詳細を見る

ソフトバンク クリエイティブは『一流の人がやる気を高める10の方法』(中野 ジェームズ 修一 著)をソフトバンク新書より発売した。価格は767円。

本書は、フィットネスのパーソナルトレーニング、コーチングメソッドをビジネスに応用し、やる気を高め仕事に活かすノウハウを記した一冊。テニスのクルム伊達公子選手、卓球の福原愛選手のフィジカルトレーナーとして知られる著者が、心理学をベースにして一人一人にあったやり方でやる気を引き出し、"続けられる"トレーニングメソッドを教える。(以上、引用終わり)


…クルム伊達選手と福原愛選手のトレーナーが一緒だったことに驚き(汗)
そして何より重要なのは「続けられる」トレーニングメソッドを紹介しているという点。
特に三日坊主な私には気になる内容です。皆さんも良かったら本屋さんで一度ご覧になって下さい。

続いてコチラ
『自転車の練習、押さずに褒める』(2010年8月20日 読売新聞)
子どもに自転車の乗り方を教えることは、親業の一つだろう。でも、子どもは転ぶことを恐れて、なかなか上達しないことも多い。子どもを上手に褒め、やる気を育てながら、と心がけよう。

兵庫県西宮市の男性会社員(41)は、長男(5)に自転車の乗り方を教えようとして苦労した。長男は転んで痛い思いをしてからは、「乗るのは嫌」と泣いて抵抗した。近所の芝生のある公園で約2か月練習させ、乗れるようになった。男性は「やる気にさせるのが難しかった」と振り返った。

 初心者向けの教室を開いている関西サイクルスポーツセンター(大阪府河内長野市)を訪ねた。講師の宮川明さん(42)は「荷台を持って無理に押すなどすると、子どもは怖がる。気長に、と意識してほしい」と話す。

 自転車を走らせるには、〈1〉バランスを取る〈2〉ペダルをこぐ――という二つの動きを同時に行う必要があるが、乗り方を覚えるには、一つずつ練習した方が効率的という。

 センターでは、ペダルをはずした自転車のサドルにまたがり、両足を地面に着け、ハンドル操作だけでバランスを取る練習を行う。

 最初は両足で地面をけって前に進んでもらい、ひとけりで長く進めるようになると、緩い傾斜の坂道に移り、自転車が走る感覚を味わう。それから、初めてペダルを付けて自転車をこぐ練習を行うと、スムーズに上達することが多いという。

 一連の過程で、親はハンドルの中心に手を添えて支えるだけにとどめ、決して後ろから押さないように。子どもを怖がらせないことが大切だ。

 家庭でこうした練習をしようと、ペダルの着脱を自転車店でしてもらった場合、500円前後の費用がかかるケースもある。また、ワンタッチでペダルを着脱できる子ども用自転車も販売されている。

 正しいブレーキのかけかたも教えたい。左ブレーキは後輪、右ブレーキは前輪に対応している。同時にかけると横滑りをすることがある。前輪からかけると、後ろから押されたような感じで転ぶこともある。まず左ブレーキ、十分にスピードが落ちてから右ブレーキ、と指導しよう。

 センターは約3時間の教室のうち、2時間程度をバランスの取り方に充てる。宮川さんは「練習の時に転んでも、褒める。転ばなくて済む方法を根気よく教え、やる気を引き出すことがコツ」と話す。

 実際に走れるようになっても、交通ルールなど覚えるべきことは多い。子ども向けの安全教室などを開いている警視庁交通総務課は「自転車に乗れるようになったら、最初のうちは親が必ず横について、信号や道路標識などの意味からきちんと教えてほしい」としている。(以上、引用終わり)



…自転車。
私はあまり苦労した記憶が残ってません。父に手伝ってもらって、近所の公園をグルグル回ったことだけは覚えていますが…。でも、親の視点で改めて見ると、こんなに大変かと(苦笑)
そういった苦労、注意する点などを含めてかなり具体的で良い記事だと思いました。
やはり「コマ無し自転車」を乗りこなすのは子ども自身もひとつ成長を実感するシーン。
苦労が多ければ、その分感動も多いはず。ぜひ、親子でその瞬間を共有して、忘れられない思い出を作って下さい。


さて、今回は引用が多くなりボリュームが増えたので、ここまで。
次回もちょっと気になる「やる気ニュース」をお伝えします。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/39-c527a84b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。