摂政関白、本当の人物像が隠された?豊臣秀次 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 摂政関白、本当の人物像が隠された?豊臣秀次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摂政関白、本当の人物像が隠された?豊臣秀次

豊臣秀次は、太閤、豊臣秀吉の甥である。

豊臣秀次


父は尾張の百姓、弥助。

母は秀吉の姉、とも(日秀尼)である。

父、弥助は義弟の秀吉に取り立てられ武士となり、

四国の名門三好家に入り、三好吉房と名乗った。

そのため当初、秀次は三好秀次と名乗っていた。



秀次には兄弟があり、次弟が昨年のNHK大河ドラマ「姫たちの戦国 江」で、

エグザイルのAKIRAさんが演じて有名になった、
豊臣秀勝

江の二番目の夫、豊臣秀勝である。

末弟は秀吉の実弟大和大納言、豊臣秀長の養子となりそのあとを継いだ豊臣秀保である。




秀次は、幼い頃、浅井方で秀吉に寝返った宮部継潤へ養子という形で人質に出、

その後三好氏に入るなど、秀吉の政略の犠牲となったと言えよう。

秀吉に振り回されたとはいえ、貧農の息子が武士となり、

学問や兵法を修め大名として政治に携わることになった。

秀吉や秀長同様、頭脳は明晰だったようで学問はかなりのレベルに達し、

当代の公家とも対等に話ができるようになっていたようだ。



軍事面では、若かったころに小牧・長久手の戦いで、

徳川家康に惨敗したことで評価が低いが、

成人して経験を積んでからは、

紀州征伐四国征伐九州征伐小田原征伐に従軍して

大軍を指揮して活躍している。

豊臣による天下統一の総仕上げである奥羽征伐の総大将として、

徳川家康とともに東北地方の平定に貢献した。



特に、近江八の領主として善政を敷き、楽市楽座や、諸役の免除により城下町を発展させ、

現代まで名君として親しまれている。(現在、近江八幡には秀次倶楽部というものが残っているくらいだ)

戦国の戦乱ですたっていた五山文学の学問や足利学校の資料の保護など

関白に就任した時期の前後における博学的な活躍は目を引く。



しかし秀吉の我が子可愛さのあまり、秀次は悲劇のなかで命を奪われていく。

歴史は勝者の都合によって書き換えられるのは常であるが、

秀次ほど封印された名君は居ないかもしれない。

※秀次を主人公にした小説は少ないが、いくつか紹介しておこう
有明の月―豊臣秀次の生涯 (広済堂文庫)有明の月―豊臣秀次の生涯 (広済堂文庫)
(2001/01)
澤田 ふじ子

商品詳細を見る


豊臣秀次 (PHP文庫)豊臣秀次 (PHP文庫)
(2011/08/03)
羽生道英

商品詳細を見る


封印された名君―豊臣秀次 (広済堂文庫)封印された名君―豊臣秀次 (広済堂文庫)
(1999/05)
渡辺 一雄

商品詳細を見る


(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/401-03ed0284

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。