やる気が衰えない老女の話 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » やる気が衰えない老女の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる気が衰えない老女の話

95歳になるお婆さんがいる。夫を亡くしてすでに40年。子供にも先立たれて一人ぐらし。
近所に兄の孫夫婦が住んでいて、その夫婦に面倒を見てもらっているのではなく、面倒をみている気持ちで暮らしている。

兄の孫夫婦と行動を共にする。夫は外交官で長年フランスに住んでいた。
だからいまだにフランス語をしゃべる。
電話でフランス時代の旧友(フランス人)とフランス語で喋り捲る。

3年前にパソコンをはじめ、兄の孫の嫁から教えてもらい、インターネットを駆使し、フランスの情報を見ている。その後、兄の孫の嫁から一番簡単な携帯電話を安全のために持たされたが、何処で聞いたのか携帯メールがしたいと、機種変更した。
兄の孫の嫁とは携帯メールでやり取りしている。

和裁が得意で、小物を作り、兄の孫の嫁にインターネットや手作り市で売らせて、小遣いを稼ぐ。
月1回は必ずホテルでフランス料理を食べ続けている。

ある日、孫が「婆ちゃん、何でそんなに元気でボケないの?」応えは即答で返ってきた。
「人に迷惑をかけない範囲で、好きなことをやる!嫌なことはしない。それだけじゃ」

兄の嫁曰く「興味を持ったことへのエネルギーのかけ方は尋常ではない。反面、嫌なことは絶対しないという省エネ」
やはり「やる気」の源泉は「好きなこと」があることか。
歳をとっても好きなことを持ち続けたいものだ。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/41-9c6f0542

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。