国民性の違いで「頼み方」が違う - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 国民性の違いで「頼み方」が違う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民性の違いで「頼み方」が違う

国民性を表す内容はいろいろある。

国民性の違いで頼み方もちがってくる。

どのように頼めばOKをもらえるか?

国民の気持ちを揺り動かす頼み方を紹介する。

どれもなるほどと思えるところがあって面白い。



沈没しかけている船で、

救命ボートが小さくて何人かには救命具をつけて

海へ飛び込んでもらわなければならない場面を考えてみる。

沈没船


イギリス人には「紳士と見込んでお願いします」といえばよい。
イギリス紳士


アメリカ人には「スポーツマンシップを発揮して飛び込んでください。」
アメリカ人


ドイツ人には「船長の命令です」
ドイツ人


共産時代のロシア人には「レーニン勲章に推薦します」
ロシア人


中国人には「小さい救命ボートより得です」
中国人マナー


そして日本人には、「皆さん飛び降りるようですよ」と耳元で小声でささやく。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/416-7ed229ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。