桑山重治、戦国末期を目立たず着実に生き抜いた武将 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 桑山重治、戦国末期を目立たず着実に生き抜いた武将

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桑山重治、戦国末期を目立たず着実に生き抜いた武将

桑山重治は、鎌倉幕府の有力御家人の子孫で、尾張国海東群桑山ノ庄に生まれた。

戦国時代も終わりに近づく時代で、尾張から出た英傑、

織田信長の家臣・丹羽長秀に与力として仕えた。

浅井・朝倉氏との姉川の戦いなどで活躍し、
姉川


羽柴秀吉から冷静沈着な戦いぶりを賞賛された。

羽柴秀吉に請われて丹羽家から羽柴家に移り

但馬国竹田城の城主となって1万石を与えられ大名となる。
竹田城

その後、羽柴秀吉の天下統一過程で活躍することになる。



特に、天正11年(1583年)賤ヶ岳の戦いで賤ヶ岳砦を

佐久間盛政の攻撃から死守するなどの武功を挙げ2万石に加増された。
しずがたけ



紀州征伐の後に秀吉の弟・豊臣秀長が紀伊の領主になると、

秀吉から秀長の家老職を命ぜられ、3万石に加増されて和歌山城代となった。
和歌山城



重治は出家して隠居し、孫の桑山一晴に家督をゆずる。

一春は関が原の合戦で、当初、西軍に属していたが、

うまく東軍に乗換え紀伊新宮の堀内氏善を攻略したことから、

戦後に戦功として紀伊和歌山に2万石を与えられる。

その後、紀州は徳川の直轄領となり、大和新庄藩に所領を移される。

このまま桑山家は、順風満帆と思われたが、

徳川家綱の時代に子孫、桑山一尹が不祥事をおこして改易になり、

大名としての桑山氏は終わってしまう。

分家が細々と1000石前後の家を守っている。


目立たないが、織田・豊臣・徳川という英傑に認められ、

小さいながらも一国一城の主として戦国時代を生き抜いた重治であったが、

早々に子孫が不祥事で改易されるとは思わなかったであろう。

父祖の苦労を知らない跡継ぎは、よくこういう失態を犯すものだ。

ご注意、ご注意!

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/424-3e4ba112

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。