日本史上、最も優秀な2代目、北条義時 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 日本史上、最も優秀な2代目、北条義時

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本史上、最も優秀な2代目、北条義時

北条義時

北条義時は、北条時政の次男で、源頼朝の正室・北条政子の弟にあたる。

時政&政子
※北条時政、尼将軍・北条政子

頼朝に早くから従って初代執権となった時政を後に追い落として2代目執権となり、

鎌倉幕府の基礎を固めた人物といえる。

頼朝&頼家&実朝
※左から、頼朝、頼家、実朝

北条氏の執権では、初代・時政、3代・北条泰時

そして蒙古襲来のときの執権・北条時宗が有名である。

あとは、闘犬に溺れて鎌倉幕府を滅亡に追いやった

北条高時も有名で歴史の教科書にはよく出てくる。



しかし、意外と義時は表舞台に輝かしく登場することはない。

頼朝について石橋山の合戦でも武功を上げているし

石橋山の戦

頼朝の弟・源範頼の平氏追討軍にも参加し武功をあげている。

それでもまだ表舞台に立つことはなかった。



頼朝の死後、2代将軍・源頼家が継ぐが、

その独裁を抑えるため、御家人達の合議制が始まり、その中に名を連ねる。

頼朝の側近、梶原景時を失脚させ(梶原景時の変)、

頼家の外戚で力を持ちつつあった比企能員を滅ぼし(比企能員の変

周辺の有力者を滅ぼしつつ、頼家を廃し、

北条政子と協力して3代将軍に源実朝をつけるなど、

ジワジワと力をつけてゆく。




頼朝以来の有力者、三浦義村和田義盛らを次々粛清し(和田合戦)、

実朝が、甥の公暁に暗殺されたあとは、

大江広元安達景盛らと連携し北条執権政治の基礎を固めた。

後鳥羽院
※後鳥羽条項

朝廷と幕府の対立も、後鳥羽上皇との争いに勝利し(承久の変)、

承久の乱

武家政治を全国規模に拡大し、

京には六波羅探題を設置するなど、

鎌倉による武家政治を確立した。



これだけの偉業を成し遂げた2代目というのは歴史上なかなか見当たらない。

鎌倉幕府の2代目・源頼家は言わずもがな、

室町幕府の足利義詮もパッとしないし、

徳川秀忠も江戸幕府の基礎固めをしたとは言うが、

義時の600年にわたる武家政治の確立ほど大きな貢献をしたとは言いがたい。



義時の面白いところは、あまり表に出てこないところで、

2代目ではないが、豊臣秀長に通じるところがある。

秀長
※ 秀吉の実弟・豊臣秀長

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/432-a139637e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。