織田信長に使い捨てられた武将、佐久間信盛 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 織田信長に使い捨てられた武将、佐久間信盛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田信長に使い捨てられた武将、佐久間信盛

佐久間信盛は、織田氏の古くからの重臣の家系に生まれる。

佐久間氏の当主となる。佐久間氏は鎌倉から続く名家の流れを汲む。

佐久間氏家系
※佐久間氏家系図

従兄弟に佐久間盛次佐久間盛政らがいる。

若い頃から、織田信秀に仕官し、信長の重臣として早くから仕えている。

信長の弟・織田信行の謀反の際も、後の重臣、柴田勝家らが弟に与するなか、

信盛は一貫して信長を裏切らなかった。

殿軍の指揮が得意だったため「退き佐久間」といわれ、

信長に従い各地を転戦し織田家の主だった合戦には全て参戦している。




桶狭間の合戦の際も、最前線の善照寺砦を守り

近江国の六角義賢六角義治父子との観音寺城の戦いでは箕作城を落とすなどの戦功をあげ、

長島一向一揆越前一向一揆戦でも活躍した。

その他、浅井・朝倉との戦いでも常に参戦し、

比叡山の焼き討ちでも、よく命令に従い軍功をあげている。

信長上洛後は、畿内、特に大和方面を攻略し、

筒井順慶を味方につけるなどの功績がある。

また、石山本願寺との厳しい戦いの責任者として、

畿内方面軍の総司令官を任されていた。

その時期、配下の武将は、柴田勝家や、羽柴秀吉、明智光秀などよりも多く、

信長軍団の中で最大規模を誇っていた。

石山本願寺①
※石山本願寺、予想図

石山本願寺が降伏したあと、信長からの折檻状を突きつけられ、

領地をすべて召し上げられたうえ、高野山へ追放される。

その後、熊野へ落ちていき、そこで悲嘆のうちに亡くなってしまう。



確かに、三方ヶ原の戦いでは殆ど戦わずに退却したり、

一乗谷城の戦いでは、朝倉義景の追撃を怠って叱責を受けた。

また、石山本願寺攻略でも、10年近く時間を要するなど時間がかかったのは事実である。

しかし、その功績を考えると功績のほうがいかに大きいかは誰もがわかっている。




老齢になって確かに、秀吉や光秀と比べると見劣るようになったかもしれないが、

あまりと言えばあまりの仕打ちと家臣団は感じたようだ。

信長の、単なる好き嫌いといえるのかもしれない。

結局、信長の本能寺での横死は、信盛追放が家臣の信長に対する不信感を大きくし、

畿内を治めるようになった光秀にとって、疑心暗鬼が膨れ上がったのだろう。

信長は、やはり部下への対応を間違ったのだろう。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/435-2c4f6323

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。