鶏口となるも牛後となるなかれ - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 鶏口となるも牛後となるなかれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏口となるも牛後となるなかれ

「鶏口となるも牛後となるなかれ」

鶏口となるも牛後となるなかれ


大きなもの、強いものの後ろにくっついて行動するよりも、

小さくても、弱くても、その先頭にたって行動するほうが良い

という意味である。




中国の春秋・戦国時代の末期、後に始皇帝によって統一する大国の秦に対して、

弱い六国が対抗するための合従策を説いてまわった男がいた。

蘇秦という。

蘇秦


「鶏口となるも牛後となるなかれ」

大国の秦に従って言いなりになるよりも、

小さい国同士が団結し、

その頭になって思うように行動するほうが良いのではないか、

と説いて六国に同盟を結ばせたのだ。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/474-60021201

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。