飲みにケーション、脳の働きが大いに関係している - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 飲みにケーション、脳の働きが大いに関係している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲みにケーション、脳の働きが大いに関係している

親密でない人との飲み会は面倒くさいと思う人も多いが、

会話を弾ませるためには、飲みニケーションは有効である。

飲みにケーション


2008年に日本能率協会が、新入社員に対して行った調査によると、

上司との飲み会を「有意義」と感じる新入社員は、約9割に上る。

20代のお酒離れ傾向が言われるなか、

飲みニケーションの意義を認める新人は、意外と多い。



仕事の人間関係を良好にするために「飲みニケーション」が利用されるのは、

お酒を飲むことで脳の働きが変わることと関係している。

適度にお酒を飲むと、"新しい脳"と言われる「大脳新皮質」の働きが少し麻痺し、

"古い脳"と言われる「大脳辺縁系」が活性化されることが分かっている。




"新しい脳"つまり大脳新皮質は、人間が進化の過程で最も新しく獲得した脳のセクションで、

主に物事を理性的に考えたり、合理的に対処する働きをする。

一方、"古い脳"つまり大脳辺縁系は、五感や情動、記憶をつかさどるセクションである。

こちらの働きを高めると、感情が豊かになり、思ったことを素直に表現できるようになる。




現代生活では"新しい脳"を働かせる場面が多く、

"古い脳"の働きが抑制されてる傾向にある。

そこで、お酒を適度に飲むことで、"新しい脳"を少し緩め、

"古い脳"の働きを高めてやれば、

理性によって押さえられていた素直な感情や喜怒哀楽を

表現することができるようになる。



飲みニケーションで理性の縛りをすこし緩めると、

リラックスして固くならずに話が弾むようになる。

こういう状態の目安は、「気持ちいい」というほろ酔い加減だ。

重要なことは、そこから酒量を増やさないこと。

それ以上飲むと、飲みニケーションは台無しになるはずだ。

ほろ酔いで気持ちが良くなると、そこからどんどん飲みたくなるが、

ぐっと我慢してそこで止めるべきだ。



ほろ酔いから酩酊状態になると、気が大きくなって相手に失礼なことを話したり、

同じ話を繰り返すようになって、正常な飲みニケーションはできなくなる。

「ほろ酔い」で止めるなら、深夜遅くまで付き合わなくてもいい。

酩酊し始めるのは、平均的にはビールで3本、日本酒で3合、

ウイスキーではダブルで3杯くらいの酒量だと言われている。

油断するとあっという間にこのくらいの酒量は超えてしまう。

酒で人との関係を壊さないよう酒量を考えて飲むべきである。

(担当:熊五郎)

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/476-11b3fc26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。