母体内や発達期の幼少時の栄養はIQや知性に関係する? - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 母体内や発達期の幼少時の栄養はIQや知性に関係する?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母体内や発達期の幼少時の栄養はIQや知性に関係する?

適切に栄養が与えられる環境において、

より高い認知機能が発達するという。


妊娠期の母体内もしくは発達期の幼少時における、

亜鉛タンパク質ヨウ素ビタミンB群ω-3脂肪酸マグネシウム

その他の栄養分の不足は、知性を低める場合があるという説がある。

それら重要な栄養の摂取は、知性の進化には影響しないものの、

それぞれの個体において、知性の発現を左右するという。

より高い知性・IQ を持つ個体は、

その個体が栄養状態良好な身体的・社会的環境の

出身者・生活者であることの顕われかもしれない。


ω-3脂肪酸


一方、より低い知性・IQの個体は、

その子供および、あるいはその母親が

栄養状態劣悪な身体的・社会的環境の出身者であることを

意味するのかもしれない。



子どもを賢く育てたければ、

子どもにきちんとバランスの取れた食事で栄養を与えるのはもちろんであるが、

母親自身、自分の栄養摂取に十分気をつけなければいけない。

【担当:熊五郎】
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/478-915a28ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。