張僧繇、龍の瞳を描いて、“画竜点睛” - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 張僧繇、龍の瞳を描いて、“画竜点睛”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

張僧繇、龍の瞳を描いて、“画竜点睛”

「画竜点晴」という言葉がある。

最後の仕上げをするという意味である。

また、大切な部分にほんの少し手を加えて完成させることを言う。

画竜点晴 瞳を入れる





中国の南北朝時代の梁の国に、張僧繇という画家がいた。

張僧繇は、安楽寺というお寺の壁に龍の絵を描いたが、わざと瞳を入れなかった。

皆、不思議に思い尋ねたところ、

「私の描く龍は、本物そっくりなので、絵が完成したとたん、龍は生命を得て点に昇ってしまう。

絵が動き出すと困るので、わざと大切な瞳は入れないのだ」と答えたという。

画竜点晴


誰も信じてくれなかったので、張僧繇は瞳を入れた。

そのとたん、龍は壁を破って天に昇ってしまったという。

このことから、画竜点晴という言葉が生まれた。




一方、全体としてはよく出来ているのに、どこか不十分なところがあることを、

画竜点晴を欠く」という。

「画竜点晴を欠く」人たちが、如何に世の中に多いことか!

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/479-cb57170c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。