暑さとやる気 必ず秋が来て冬がくる しばしの辛抱! - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 暑さとやる気 必ず秋が来て冬がくる しばしの辛抱!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑さとやる気 必ず秋が来て冬がくる しばしの辛抱!

このブログでも、7月下旬に「暑いとやる気がでないのか?」というテーマで実験をした。
実験をするまでもないのは私だけだろうか?

8月に入って猛暑は続き、熱中症で病院に運び込まれる人はひっきりなしである。
気の毒にも亡くなる方もおられ、特にご老人にとっては災難である。
テレビでもしょっちゅう熱中症対策で、換気をせよ、部屋の空気の流れをつくれ、タオルを水でぬらして扇風機を当てる・・等等、気化熱を利用した冷却グッズや保冷剤を首に巻くグッズなどの紹介。

「いったいこの暑さはいつまで続くのだろうかといやになる」という愚痴が世間で多く囁かれている。
真冬の寒さもつらいが、「寒くていやになる」という愚痴はこれほど聞かないし、寒さ対策のテレビ番組や寒さ対策グッズをあえて特集で組まれることもあまりないというのが印象である。
やはり「暑いといやになる」人は極めて多そうだ。

では、何がいやになるのだろうか?
いろいろ聞いてみると、動くのがいやになる、何も考えられない、体がだるい、エアコンをつけても身体によくないようだ、・・・しかし夏休みに、暑い中わざわざ海に行って大いにバカンスを楽しむ。
どうも、人間とは勝手なもので、休みに好きなことをするときは、暑さがこたえないようだが、平常の生活の中では、この猛暑はやはり人間のやる気を奪っているようだ。

テレビ報道では、ペットの犬・猫まで熱中症でぐったりし、動物病院に担ぎ込まれる始末。

しかし地球の地軸は傾いており、その状態は地球誕生以来変っておらず、その傾きを維持して太陽の周りを公転している。
従って、いずれ“必ず”秋が来て冬が来る。自然の力に逆らってもたかがしれている。

今の季節(世の中)に必要なことは、その時に応じた必要最小限の対策を講じながら、じっと待つということができるかどうかではないか。

暑くて(=苦しくて)、みんなのやる気が失せているときに、無理なことをすることは無駄なエネルギーを浪費し、悪循環に陥ること多くなりそうだ。
無理をするとその時は「無理して頑張った」と自己満足したり、人から評価されたりすることもあるだろうが、後々振返ってみると、よい結果をうんでいたことは少ないようだ。

9月に入っても暑さは急には和らぎそうにもないが、朝晩少しましになると「やる気」も一気に上昇するのだろう!
でも今(この夏、この時代)は、孫子の兵法に言う、「動かざること山の如し」の時期。
無理をしないというのは何もしないことではない。
こういう時期には引いた弓のつるを一旦緩め、心を落ち着けて、もう一度狙いを定め直すことに使いたい。

明日から9月だなぁ
(担当:熊五郎)








コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/48-778b1f3d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。