戦国時代、最後まで豊臣秀吉に抵抗した武将:九戸政実 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 戦国時代、最後まで豊臣秀吉に抵抗した武将:九戸政実

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国時代、最後まで豊臣秀吉に抵抗した武将:九戸政実

戦国時代は、豊臣秀吉によって統一され終結したと言われている。

最後に残った関東の雄、北条氏を小田原で責め滅ぼして統一が完成したと思われがちだが、

東北地方は、まだカタがついていなかった。

伊達政宗も隙をみては反逆の気配があったし、

北のほうでは、南部氏秋田氏などが中央の様子がよくわかっていないのか、

争いを続けているところもあった。



秀吉の天下統一の最後の仕上げが東北で、

甥の秀次を総大将に、統一に向けた遠征を行なった。

次々と併呑したが、最後の最後まで抵抗したのが、九戸政実実親兄弟であった。
九戸政実



九戸討伐軍は、秀次や蒲生氏郷など豊臣の有力武将や

降ってきた奥州の豪族達の兵力6万の大群となった。

九戸城に籠もったもののあっという間に勝負はつき、

政実・実親兄弟は捕らえられ斬首となった。

九戸城


抵抗する必要の無い戦をしたのは、やはり情報不足だったのか、

今となっては、はっきりわからないが、犬死と言えるのではないだろうか?

秀吉にケンカを売った男として小説にもなっているので、一度読んで見てはどうだろうか。

天を衝く(1) (講談社文庫)天を衝く(1) (講談社文庫)
(2004/11/16)
高橋 克彦

商品詳細を見る


(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/480-f67dab25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。