自閉症治療に脳内免疫細胞「ミクログリア」の活動抑制か? - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 自閉症治療に脳内免疫細胞「ミクログリア」の活動抑制か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自閉症治療に脳内免疫細胞「ミクログリア」の活動抑制か?

自閉症の人の脳では、自閉症ではない人と比べると、

ある種の免疫細胞の数が増えており、

しかもその免疫細胞の活動も活発になる傾向があるということが確かめられた。

浜松医大と中京大などのグループが臨床研究で確かめたということである。



この免疫細胞の増加や働きを抑えることができれば、

自閉症の治療や予防法の開発につながる可能性があるということだ。

米国の精神医学専門誌(電子版)に論文が掲載されたらしい。




研究グループは、自閉症の人たちのNPO法人「アスペ・エルデの会」(名古屋市)の協力を得て、

18~30歳の自閉症男性約20人の脳の様子を、

浜松ホトニクスが開発した特殊なPET(陽電子放射断層撮影)装置で観察した。

自閉症でない男性20人と比べると、自閉症の人では、

脳内の損傷修復の役割を担う免疫細胞「ミクログリア」が

脳の各部で一様に多くなっており活発になっていたという。





ミクログリアは胎児期の脳に定着すると考えられている。

自閉症の人はいくつかの種類の神経同士での情報伝達がうまくいかないことを、

この研究グループでも確かめており、これにミクログリアの異常が関わっているとみている。

ミクログリア



浜松医大(精神神経医学)では「自閉症の症状とミクログリアの関係が解明できれば、

働きを抑える治療が可能になると思う」という見解だ。



脳という重要な部分の研究がどんどん進むことで、

人間の神秘が解明されていき、問題点が解決されていくのは、望むところであるが、

一方で余り全てが解ってしまうというのも何か複雑な気持ちになるのではないか。

【担当:熊五郎】

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/487-56ebc897

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。