午年の初日は、競馬の話、世界最強競争馬は? - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 午年の初日は、競馬の話、世界最強競争馬は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午年の初日は、競馬の話、世界最強競争馬は?

明けまして、おめでとうございます。

午年年賀状


12年に一度の年が巡ってきた。

競馬好きの私にとっては、やはり気合の入る年である。

競馬好きになったのは、叔父に大きな影響を与えられた。

小学生時代から競馬場に連れて行ってもらい、

本当は買ってはいけない馬券を叔父に買ってもらって、

結構、小遣いを増やしていた。

伝説の名馬、シンザンも競馬場で見ている。年がわかるかもしれない・・・

シンザン



日本で一番強い馬は何かという議論が競馬愛好家の間では、よく行なわれる。

時代が違うのでなかなか比較できないが、

やはり、三冠(皐月賞日本ダービー菊花賞)を勝った馬が挙げられる。



日本では、戦前にセントライトという馬が、三冠をとった。

初の三冠馬である。

その後、冒頭紹介したシンザン、次にミスターシービー

ミスターシービー


そして皇帝と呼ばれ、新馬から無敗で三冠を取ったシンボリルドルフがいる。



生涯、一度も負けなかったマルゼンスキー

マルゼンスキー


その後、TTGと呼ばれた三強トウショウボーイテンポイントグリーングラス

TTG.jpeg


そして競馬ファンでなくても知っているハイセイコー

皇帝シンボリルドルフの子どものトウカイテイオーも三冠は取れなかった。

競馬をメジャーにしたと言われるオグリキャップは、

三冠レースに出ることすらなかった。



二冠は取れてもなかなか三冠は取れない。

平成の時代になってやっと久しぶりに出た三冠馬がナリタブライアンである。

そして日本最強と呼ばれるディープインパクトが出てくる。

ディープインパクト

小柄だがバネのある柔らかい筋肉の馬で無敗で三冠をとった。

大種牡馬:サンデーサイレンスの最高傑作と言われる。

そして、2011年には怪物オルフェーブルが三冠を取った。



日本の最高の馬が三冠馬であるが、それでも、フランスの凱旋門賞は勝てない。

いつになったら凱旋門賞を勝てる馬が登場するのだろうか?

楽しみは益々大きくなる。



ところで、世界に目を向けると強い馬はいくらでもいる。

イギリスの三冠(2000ギニーエプソムダービーセントレジャーステークス)を勝った

史上15頭目のイギリスクラシック三冠馬ニジンスキーなど最強馬議論は絶えない。

しかし、私が最も強いと思う馬は、

アメリカの三冠(ケンタッキーダービープリークネスステークスベルモントステークス)を

1973年に勝ったセクレタリアトだと思っている。

セクレタリアト


まず1冠目のケンタッキーダービーでは、

ノーザンダンサーのもつレコードタイムを更新する1分59秒4は、

30年以上経ってもまだケンタッキーダービーのレコードである。



そして2冠目のプリークネスステークスでも二番手のシャムに二馬身先着した。

このとき、タイムの計測器が故障していたため、

正確なタイムは参考タイムのようになってしまっているが、

2012年6月19日、メリーランド州競馬委員会は

最新のビデオ技術による映像などに基づく修正の結果、

現在に至るまでの史上最高記録1分53秒0だったと結論付けた。



そして、圧巻は3冠目のベルモントステークスである。

珍しく逃げの戦法を取ったセクレタリアトに、

前二冠レースで連続2着となっていた対抗のシャムが

唯一ついて行こうとしたが早めに力尽き後退、

その他の馬たちもまったく付いていけず、

直線入り口ですでに10~20馬身差、

ゴールしたときは2着のトワイスアプリンスに31馬身もの差をつけてしまった。

タイムは2分24秒0。

従来のレコードを2.6秒短縮する大レコードで、

30年以上経過した2013年現在でもダート12ハロン(2400m)の世界レコードである。



競馬は競争なので鼻差で勝っても1着であるが、

やはり強い馬というものの基準は、走破タイムではないだろうか?

三冠全てをレコードタイムで走り、

未だに破られていないということが、強さの証明だ
と思っている。



『セクレタリアト-奇跡のサラブレッド』 という映画が2010年に完成し、

2012年にはDVDも発売されているので、是非観て欲しい。

2014年午年、日本から大好きなセクレタリアトの記録を破る馬が出てくることを祈って

午年元旦のブログを書いてしまった。

(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/490-40dc1e3d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。