高級ホテルのバイキングは儲かってるのか? - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 高級ホテルのバイキングは儲かってるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高級ホテルのバイキングは儲かってるのか?

ローストビーフ、ステーキ、ズワイ蟹など高級食材を目玉にした

高級ホテルのバイキングが大人気のようだ。

チラシや折込には、更に10%引きや20%引きのチケットをつけて、

それを持ってくると更に安価にバイキングの高級食材の料理が食べ放題となっている。

価格も、ランチバイキングで、1500円~3000円の価格設定になっている。

こんなことをしていて、ホテル側はちゃんと利益を出しているのだろうか。

バイキング料理



ホテルのバイキングでは普通、20~30種類の料理が並べられており、

ローストビーフ、ステーキ、ズワイ蟹など高級食材を目玉商品として目立たせている。

一方、その他は比較的原価のかからないサラダやポテトフライ、

コロッケ、ハンバーグ、ウィンナー、スクランブルエッグなどのメニューが並んでいる。

そのためトータルでは1人1500円~3000円の価格設定でも儲けの出る

メニュー構成となっているようだ。



その上、バイキングの「強み」が2つある。

それは「在庫」と「人件費」の圧縮である。

本来レストランは、いつ注文を受けてもいいように、

在庫(食材)を多めに用意しておかねばならず、

注文が入らなかった時には大量の不良在庫が発生し

注文が無かった食材は廃棄せざるを得ず、仕入はムダとなる。



しかしバイキングは、あらかじめ限られたメニューのみを用意しておけばよいので、

注文にかかわらず計画した食材だけの仕入れですみ、

仕入コストを低減でき、さらに大量仕入れによるディスカウントが可能となる。




また普通、レストランでは食材と並ぶコストの中心は人件費である。

ウェイターやウェイトレスら多くのスタッフを配備しなければならない。

しかしバイキングならば自分で好きなものを取りに行くセルフサービスなので、

数人のスタッフですみ、大幅な人件費を削減できる。



テレビで、プロレスラーの夫婦と二人の子どもが、食べ放題に挑戦し、

店側が「白旗」をあげるまで食べ続けるという番組があるが、

人間離れした食欲のグループが押し寄せてこない限り、

めったに「白旗」は上がらないようだ。

佐々木&北斗
※シルシルミシルサンデー 佐々木健介 北斗晶夫婦



大学の相撲部が、高級ホテルバイキングに目をつけて、行きまくり始めたら、

一般人の楽しみは無くなってしまうかも知れない。

相撲部


(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/494-541c3ea0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。