わずかなことがやる気を奪う! - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » わずかなことがやる気を奪う!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わずかなことがやる気を奪う!

「やる気」が無いというのは、人間の心の問題が大きいというのは事実だろうが、本当にそれだけだろうか?目標が見つからないから「やる気」が出ない。然り。上司や仲間とうまく行かないから「やる気」が出ない。然り。好きなことではないから「やる気」が出ない。これまた然り。風邪を引いて「やる気」が出ない。

「やる気を無くす要素」はいろいろあると思うが、自分を振返ったとき、妻の話を聞いたとき、友人・知人の話を聞いたとき、意外と、ほんの些細なことが、気持ちを萎えさせ「やる気を奪っている」ことが多いようだ。

逆に大きな問題が起ったとき、当然それも「やる気」が失せる要素ではあろうが、あまりに大きな問題がおこると、やる気が無くなると同時に、「気持ちの切替」が行なわれて、「やる気」を無くしているどころではなくなる。
新たな気持ちに切り替わると、また「新たなやる気」が湧いてくる場合があるのではないだろうか。

人間関係を維持していくなかで、そんなつもりは無くても、「人のやる気を奪う言動」を発してしまっていることがある。
どんなに親しい仲でも、ましてや初対面の人などの心の奥が見通せる人はまずいない。
「やる気がアップする要素」や「やる気を失う要素」は個人によってまちまちだろうから、どういう言動が人のやる気を促すのか一概に言えないが、少なくとも人のやる気を萎えさせるような罪なことをしないように些細なことに気を使いたい。

妻よ!せっかくダイエットをしようと決めたのに、家へ帰るなり…

「今日は何を食べた?」

…は無いだろう!
こういうのがやる気をなくすんだよなー!そうでしょ!!
(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/55-778a32ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。