情報活用の名人 織田信長 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » 情報活用の名人 織田信長

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報活用の名人 織田信長

織田信長

織田信長。尾張の国、守護代の一族出身で、戦国武将の中では、いい悪いは別として、最も人気のある武将といえるだろう。

小説やテレビドラマ化などで、信長役を演じた俳優や小説のテーマによって、それぞれイメージがあると思う。
ただ、ひとつ言えることは、尾張の片田舎の小大名が、ともあれ「天下布武」という名言をもって、武力で天下を治めるという大目標に向かって、困難を乗り越え、わずか30年あまりで、ほぼ天下の趨勢を決したということである。

一体、信長はどんな気持ちで人生を歩んだのだろう。
初期の信長は嫡男と言えども、安定した後継者ではなく、血縁との血みどろの争いを制して尾張一国をまとめ上げた。
弟をはじめとする一族を滅ぼしてまで一国をまとめるというやる気は、武門においては珍しいことではないが、相当なエネルギーのかけようがあったと推測する。

JR岐阜駅前の緊迫の信長像
※JR岐阜駅前の金箔の信長像 まぶしーぃ

ここまでは、武門においてよくある話であるが、その後、今川義元に攻められたときの「やる気」である。
普通なら勝ち目のないと明確に意識したとき、みるみるやる気が失せて、悪循環に陥るのが自然である。
このときの信長の気持ちは、一か八か、という気持ちだったのだろうか?
そうではないようだ。

桶狭間で今川義元の首を取った部下よりも、今川義元の動向を逐一報告してきた部下を、戦後第一の功労者としたことから、ある一定の見通しをもって今川義元の隙を狙っていたものと推測する。

桶狭間

その後の信長の行動や言動を記述した文献を見ても、どうも信長という武将は、情報戦が非常に得意であり好んだようだ。
情報を得る中で、その情報をいかに活かすかを考えることにエネルギーをつぎ込んでいるふしがある。
現代においても、不利な状況というのは、常に襲い掛かってくるものであるが、その状況を打開するのに、一か八かの行動や、あせって見苦しい行動をとっても何の解決にもならないことを信長の人生一連の行動に学びたい。

当時、武功ではなく情報収集に着目し正確な情報をもたらしたものに一番の評価を与えるという考え方・行動。
そしてその後の戦では、勝機が見えるまで決してあせらず、正攻法で必ず勝てるという見込みが確実という情報が得られるまで、絶対に無理はしないという辛抱強さ。
これらこそ、当時の武将にない優れた部分である。

信長が明智光秀に本能寺で討たれたとき、京の都で、信長周辺が手薄になるという情報を握った光秀を一番評価したのは、信長本人だっただろう。「光秀!見事じゃ...」という声が聞こえてくる。

信長のやる気の源泉は、“情報活用を楽しんでいたところ”にあったと確信する。
この時代にインターネットでもあれば、信長はどれだけ喜んだだろう。
(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/62-89c6526d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。