やる気の研究って…? - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » 調査・研究 » やる気の研究って…?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる気の研究って…?

こんにちは。
昨日は初投稿(一番最初のご挨拶を除き)でしたが、食べ歩きブログみたいになってましたね。
ちょっと反省です…

さて、今日はやる気の研究について。
研究といっても、我々は学者ではありません。
ですから、それはマーケティングの手法に近いものがあります。
(だったら、研究じゃないじゃん!と言われれば苦しいところです)

例えばtwitterで「やる気」をキーワード検索すると、次から次に「やる気ツイート」が流れてきます。それはもう、全部を追いきるには画面に張り付いていないと無理なくらいの量です。

そういったやる気ツイートの中から
「やる気がない」
といった種類のツイートだけを拾っていきます。
そうすると、やはりある種の傾向が見えてきます。

「雨」「寒い日」「午後(特に食後~15時くらい)」

上記3つの条件のうち、2つが重なると「やる気無しツイート」が急激に増えてきます。
また、それらのツイートは文字数が少なく、まさに「つぶやき」のようなものが多いのが特徴です。
このあたりまでは、大体皆さんのご想像通りだったでしょうか?

やる気1号が最近少し驚いたのは、夜中のツイートについてです。
夜中は圧倒的に「やる気全開!」もしくは「やる気だすぞ~!」な前向きツイートが多いのです。
そして、皆さん自分の考えをまとめるかのように、連続ポストが多いのも特徴です。

そういえば、夜中は考えが膨らみ高揚して、すごく集中できる時があります。
そうやって書いた企画書やメールは、朝読み返すと赤面モノな場合が殆どですが(苦笑)


もちろん、これはtwitterをしている人の属性にもよりますので、全ての人に当てはまるわけではありません(そもそも、twitterには前向きな人が多く集まっているように感じています)。
我々が言うところの「研究」の具体例のひとつ、というだけです。
他にも書籍や文献を活用する場合もあります。

時には昨日のように、直接専門家の先生にお話を伺う場合も。
そうやって、我々のやる気研究は行われています。
また、このブログでデータを公表できるようになったら、皆さんにお知らせしますね!
それでは今日はここまで~
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/7-25d123d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。