お気に入りの「やる気が出るハック」ベスト3 - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » おまとめ(ハウツー) » お気に入りの「やる気が出るハック」ベスト3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入りの「やる気が出るハック」ベスト3

こんにちは、やる気倶楽部です。
月曜日って、やる気が出ないもんですね(苦笑)

今日は、私K.Mの愛読書である……
2010-09-27.jpg
『アイデアハック!』『企画ハック!』の中から、私が実際にとりくんでやる気が出たハックのベスト3をご紹介します。元々厳選されたアイデア集の中から、さらに厳選ですから、間違いなく役に立つ……と思うのですが。


1.社内散歩をする(『企画ハック』56番目)

私の場合、普段は小さなビルのワンフロアで仕事をしています。
ですので、社内散歩といっても、大した距離にはなりません。
ヘタすれば、自分のデスクから声をかければ、それで用が済むレベル。
それでも、他部署の方が何をしているかって全然分からないんですよね。


ちょっと煮詰まったなぁ…というときは、席を立って、色んな人に声をかける。
「今、何してるんですか?」
「この前の話、進捗具合はどうですか?」
「阪神、マジック点灯おめでとうございます!ところで、残り試合いくつでしたっけ(苦笑)」


ちょいちょい無駄話を挟みながら、邪魔にならない程度を考えます。
時には、自分の仕事に絡んで情報を提供できたり、逆にアイデアを頂いたり。
仲間の頑張りに刺激されてやる気も高まります。
ついでにブラブラ歩きながら軽いストレッチもして、血流をよくするよう心がけています。


2.名作ファイルを検索して、企画の流れをイメージする(『企画ハック』30番目)

(以下、引用)「名作ファイル」と勝手に命名したファイルは、わたしにとって最重要ファイルで、これは今まで作成した企画書のなかで「お手本」というか「雛形」として収集している。いわば「秘伝レシピ」です。(引用終わり)

私の場合、自分で作ったものが半分程度で、それ以外は社内の人や、ネット上で「これは素晴らしいな」と思った企画書(雛形のみの場合もあり)を集めています。
これを眺めていると、企画を作った時の気持ちを思い出して、やる気が出てきます。

また、実際に他の人が作った資料は、内容だけでなく、その作り方やまとめかたを参考にして、自分のものとMIXして新しい雛形を作ったりします。この加工が非常に楽しい。この雛形を使うときを想像しながら、未来の自分に投資している状況が、なんともいえずやる気を生んでくれます。


3.オフィスで茶会をひらく(『アイデアハック』39番目)

著書の中では「抹茶」のカフェイン効果に触れています。
私の場合、単なる嗜好の問題で「コーヒー」にしていますが、目覚ましを目的とする場合は濃いエスプレッソで代用します。

また、オフィスで茶会…とまではいきませんが、何となく事務所の雰囲気が悪いとき、または打合せ前の重い雰囲気のときは、淹れたてのコーヒーかお茶を用意して、皆さんに振舞います。
(あれば、お菓子なども準備します)

沢山人数がいるときは大変ですが、とても感謝されますし、部屋中がコーヒーの香りで充満することのアロマ効果で、心が穏やかになります。

また、私自身もコーヒーを淹れるときに、蒸らしや注ぎ方…できるだけ考えて行います。
そういった作法(儀式)は集中力を生みますし、自分の中で仕事スイッチを入れる代償行為として定着しています。



いかがだったでしょうか?
皆さんの感覚にしっくりくるものはありましたか?
こういったもので大切だと思うのは、実際に試してみることです。

その後の取捨は好みの問題です。
まずは取り組んでみること。疑心暗鬼でも結構です。
そうやって取り組んでみた中から、気に入ったことだけをチョイスすればいいのです。
やる前に、続かなさそうだからやめる(こういった人は、かえって責任感の強い人に多いのですが…)というのは、あまりにももったいないと思いますよ。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/77-7171907c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。