チリ 落盤事故 全員救出へ 感動を全世界へ発信!! - やる気倶楽部の活動日誌

やる気倶楽部の活動日誌 ホーム » スポンサー広告 » コラム » チリ 落盤事故 全員救出へ 感動を全世界へ発信!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チリ 落盤事故 全員救出へ 感動を全世界へ発信!!

チリ北部コピアポ近郊のサンホセ鉱山で今年8月に起きた落盤事故で、地下に閉じ込められていた作業員33人を地上に引き上げる救出活動が12日午後(日本時間13日午前)、事故以来68日ぶりに始まった。救出用に掘削した深さ622メートル、直径70センチの縦穴に、長さ約4メートル、重さ約450キロの特殊カプセル「フェニックス(不死鳥)」が挿入された。
カプセル フェニックス
※特殊カプセル「フェニックス(不死鳥)」

ブログ記事を執筆中の今、ユーストリームで中継しており、12:12まさに今、一人目が救出され、赤いヘルメットにサングラスをかけた人が出てきた。
因みにこの時点では37000人が見ていた。
テレビや他のメディアを合わせると、世界中でどのくらいの人たちが見ているのだろう!

救出1人目
※一人目の救出者、フロレンシオ・アバロスさん(31)。感動の一瞬だ


動画はスムーズに映らないが、奇跡の生還の感動が伝わってくる。
音声は、スペイン語なので何を言っているかわからないが、喜びの声は万国共通である。
このあと、ブログ記事がアップされる17:00には、今のペースなら10人くらいの作業員が救出されて家族や親戚・友人達との再会を祝っていることだろう。



68日間と言う長い時間、地下700mの暗闇で、如何に「生」へのモチベーションを持ち続けられたのか。
これから33人の作業員たちは、大忙しだろう。(どんなギャランティがあるのか興味津々)
心理学者や医学関係者、マスコミなどの取材やインタビュー、体験を本にしたい出版社も多いことだろう。
(どうも、本の出版や映画まで決まったようだ...)
68日の間の報道では、フットボール監督経験のある統率者が居たからとか、地上から発見されて通信ができたから、など「希望」が生還へのモチベーションを維持し続けたのだろう。



また、ピニェラ大統領や鉱山大臣の呼びかけに励まされ、NASAが協力要請に応え、全世界のメディアが注目し、世界から救援物資が贈られたことも力になったことであろう。

純粋に彼らを助けたいという想いで救援物資を贈ったことだろうが、結果として「役にたつもの」を贈った企業などは、大きな宣伝にもなっている。
アメリカのOAKLEY(オークリー)というメーカーのサングラス(高橋尚子も使用)然り、日本から宇宙航空研究開発機構(宇宙機構)が外務省経由で9月下旬(ちょっと遅かったのでは?)、「宇宙服」として使われている下着類(グンゼ製らしい)や、何故か「黒飴」。

他に日本から贈られたものの中には、チリ人に理解できるかどうか不明な「千羽鶴」、無事帰るにひっかけた「カエル」グッズなど、その他ストレス解消のためと称して「プチプチ」などもあった。
送る(贈る)側は良かれと思っているに違いないが、もう少し考えてみる必要があるのではないだろうか!
(話は逸れてしまうが、阪神大震災のとき、大量の古着(しかも、真冬に真夏用の服や、靴の片方など)を送りつける事例などもあったそう。被災地をゴミ捨て場と考え違いをしているかの如くは、先進国日本として恥ずかしい行為であり、そういう感覚ではないにしろ、もうちょっと良く考えてほしいものだ。)



作業員の方々や、そのご家族・ご親戚にとっては長く辛い68日間であったと思うが、暗いニュースばかり飛び交う昨今、全世界の人々が同時に喜びの歓声をあげることができることなど、極めて稀なことである。
事故にあった中には、チリと仲の悪い隣国、ボリビアからの出稼ぎ労働者の方が運悪く閉じ込められている。
チリ政府は仲の悪いボリビアのモラレス大統領を救出に際して招待したようだ。

大統領
※左がチリのピニェラ大統領。右がボリビアのモラレス大統領。
(余談だが、モラレス大統領は10/5のサッカー親善試合に出場し、反則に怒って相手の股間を蹴ったと報道されて有名になっていた…) 
「災い転じて福と為す」ではないが、今回のような事故は、人類が団結して解決しようという機運が盛り上がり、仲の悪いチリとボリビア間の動きもまた然りであった。



世界が注目していた「救出劇」は、犠牲者を出さず、拍手喝采のもと終演しそうである。
二度と再演されてほしくない事故であった。
このような事故や人類共通の不幸が、人類の団結を呼ぶのでは、反面少し寂しい思いがするが、今回は
「本当に良かった!!」
というのが実感である。
(担当:熊五郎)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://yarukiclub.blog130.fc2.com/tb.php/91-3354ebde

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。